皮膚科で保険は効く?(その2)

いろんなところで皮膚科で保険は効く? の噂を聞きます。本当なのでしょうか。

症状が軽い場合は塗り薬だけで治ることもあるでしょう。そもそもにきびは、尋常性ざ瘡と呼ばれる肌の病気です。このうちケミカルピーリングと注射治療は健康保険適用外の治療です。その時に使用される治療方法は以下の通りです。ニキビの改善だけではなく、予防にもなります。セルフケアをするよりも皮膚科に行った方が早く治りますし、跡も残りづらいので、時間に余裕があるのなら相談だけでもしてみてください。

・薬物療法・面皰圧出・ケミカルピーリング・注射治療皮膚科にかかった場合、基本的に薬物療法でニキビを治します。また、面ぽう圧縮と抗菌薬を組み合わせることも多いです。この治療を行うことで、ニキビの治りが早くなります。ニキビがなかなか治らない場合、皮膚科に行くのも1つの方法です。炎症の激しいニキビ、しこりがあるニキビ、ニキビ跡に効果があります。面皰圧出とは専用器具を用いて、毛穴の詰まりを解消する治療方法です。

健康保険も適用されますから、治療費用もそれほど高くないです。症状が酷い場合は自分で治すのは難しいので、皮膚科に行くしかありません。にきびは皮膚科で治した方がいいのでしょうか?結論からいうと、できれば皮膚科で治した方がいいです。ニキビが酷い場合、注射治療を勧められることもあるでしょう。外服薬だけを処方されることもあれば、外服薬と内服薬の両方を処方されることもあります。病気を治すために病院に行くのは普通のことなので、何も遠慮する必要はありません。

皮膚科なら専門的な治療を受けられるので、キレイに治すことができます。ケミカルピーリングとは皮膚に薬剤を塗り、強制的に古い皮膚を剥がして、新しい皮膚を生み出す治療法です。薬は用量用法を守り、正しく使うようにしてください。この他にも治療方法はいくつかあり、症状に応じてどのように治療を行うのか違います。皮膚科での治療法は色々ありますが、一般的なのは毛穴に詰まっている皮脂を除去する面ぽう圧縮や薬を使った薬物療法です。

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ