吹き出物の治療

吹き出物の治療をする場合には、「皮膚科」が基本です。

吹き出物は、保険がきかないと思い込んで、治療に二の足を踏み、自己流の「治療」を繰り返し、お肌を傷めてしまっては元も子もありません。

皮膚科での治療は、主に投薬治療が中心となります。
塗り薬だけでなく、内服薬を併用することで、治療の成果も上がりやすいようです。
ディフェリンゲル、ダラシンTゲル、アクアチムなどの塗り薬、
抗生物質や抗炎症剤の飲み薬が併用されます。

化膿が進んでいる場合には、専用のピンセットのようなもので直接処置する場合もありますし、保険がきかないレーザー治療などを勧める医療機関もあります。

皮膚科へ通っても効果が見られない場合には、「婦人科」に通院すると治ることもあります。

吹き出物は、単に皮膚だけの炎症でなはく、ホルモンバランスの影響で出来てしまうことも多いからです。
ホルモン治療を行うことで、吹き出物が劇的に治ることもよくあることです。

ホルモン分泌のバランスが乱れた場合のニキビは、皮膚科で外科的な治療をするよりも、ホルモンバランスを整える治療の方が成果が出ます。

基礎体温を測っているのであれば、婦人科の受診の際に参考になるので、持参するとよいでしょう。

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ