日常生活で気をつけること(その2)

私にもう少し才能があれば日常生活で気をつけること についてもっと上手に説明できるのでしょうが。

にきびと食べ物には、みなさんが思っている以上に深い関係があると思ってください。普段、口にしているものがにきびを増やしている可能性があります。ニキビを予防・改善するには洗顔が不可欠ですが、誤った方法で行ってしまうと逆効果になります。熱すぎるお湯は肌に悪いため、少しぬるいと感じる程度に温度を設定しましょう。手にはたくさんのばい菌が付着しているので、洗わずに顔を洗うとニキビが悪化しやすいです。泡立ちが不十分だと毛穴の汚れを落とすことができません。

上手く泡立たせることができない場合は、専用のネットを使ってみてください。例えば、糖分の多いものや脂っこいものを好んで食べている人は、にきびができやすいです。・手を洗う・ぬるま湯で洗う・洗顔料を泡立てる・優しく洗う・すすぎを念入りに行うまず、手をしっかりと洗ってから洗顔をしてください。緑黄色野菜やフルーツなどにビタミンCは多く含まれているので、野菜中心の食生活にすることがにきびの改善に効果的です。洗顔をする時は以下のことに気をつけましょう。ビタミンAやビタミンB、ビタミンC、ビタミンE、ミネラル、コラーゲン、食物繊維などを多く含む食べ物は、にきび改善に有効です。

洗顔料を十分に泡立てることも重要です。そのため、にきびを予防・改善したいのであれば、お菓子や肉類を食べ過ぎないようにしてください。鏡を見ながらきちんと洗顔料を洗い流してください。こういった食べ物は皮脂の過剰分泌を生んでしまい、毛穴を詰まらせてしまいます。そして、にきびに悪い食べ物があれば、逆にいい食べ物もあります。

汚れを落とすために力いっぱい洗う人が多いですが、ただ肌を傷つけているだけなので、優しく洗うようにしましょう。特にビタミンCは、非常に大切な栄養素ですから、積極的に摂取するようにしましょう。正しい方法で洗顔をしないと肌に負担がかかり、さらにニキビが悪化してしまうので注意してください。すすぎが足りないと洗顔料の流し忘れが原因でニキビができてしまいます。毛穴が詰まると中で炎症が起こり、にきびができてしまうという訳です。

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ