対処法(その1)

いろんなところで対処法 の噂を聞きます。本当なのでしょうか。

黒ニキビは皮脂が毛穴に詰まり、黒く酸化した状態です。無理に取ろうとすると、肌を傷つけてしまって、色素沈着を起こしたり、にきびを悪化させる原因になります。長く続くとニキビ跡になる可能性があります。赤ニキビは炎症を起こして、ニキビの原因であるアクネ菌が増殖している状態です。まだ初期段階なので、生活習慣や食生活を見直すだけでも綺麗に治せるはずです。医師に相談すると、ニキビの芯を専用の器具を使用して安全に除去してくれます。

同時ににきび治療もできるため、なるべくこちらの方法を選択された方がいいです。黄色ニキビは赤ニキビが悪化して、膿が溜まっている状態です。では、どっちの意見の方が正しいのでしょうか?まず、にきびの芯はコメドと呼ばれる脂肪が酸化して固まったものです。そのため、取れるのであれば取った方がいいでしょう。こちらも白ニキビと同様まだ初期段階なので、生活習慣と食生活の見直しで対処できます。下手に対処すると跡が残る危険があるため、できれば病院で治療をした方がいいでしょう。

ニキビの種類は大きく以下の4つに分けることができます。ただし、無理に取るのはいけません。自分で行う場合は、ニキビ用軟膏や市販の専用器具などを準備してからにしてください。この時、絶対にニキビを潰すような真似はしないでください。数が多かったり、なかなか治らない場合は病院で治療を行ってください。にきびの芯は、取った方がいいという意見と取らない方がいいという意見があります。

・白ニキビ・黒ニキビ・赤ニキビ・黄色ニキビ白ニキビは毛穴に皮脂が詰まった状態で、白い点のようなものが見えます。お金はかかりますが、自分で行うよりも安全ですし、肌も綺麗になるので、おすすめです。取っていいかどうかは、ケースバイケースだと思ってください。どうしても取りたい場合は、できる限り医療機関で対処してもらいましょう。これを早めに取ることで、ニキビの悪化を防ぐことができます。生活習慣と食生活の見直しはもちろん、市販のニキビ治療薬も使用した方がいいでしょう。

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ