吹き出物ができる原因

なぜ吹き出物ができてしまうのでしょうか。

吹き出物はさまざまな原因で出来てしまうのですが
大人の女性ならば、まず気をつけて欲しいのがメイクです。

メイク汚れが残ってしまっていたり、吹き出物を隠そうとしてファンデーションを厚塗りしていたり
洗顔の際にゴシゴシ強くこすっていませんか。

意外な落とし穴は、洗顔のすすぎ残し

洗顔料がきちんと落ちていないと、これも吹き出物の原因となります。
髪の生え際やあごの下などにできる場合は、洗顔料が残っている場合が多いのです。

洗顔料はしっかりと泡立てて、泡を転がすように洗顔し、すすぎの際も優しくていねいに泡を落とします。
熱すぎるお湯も皮脂を取り過ぎてしまいますので、「ちょっとぬるいかな」と思う程度のぬるま湯で洗顔します。

吹き出物があるからといって、皮脂を取り過ぎてしまうと逆に吹き出物を悪化させることがあります。
いわゆる20歳以上の吹き出物=大人ニキビは、皮脂そのものが原因ではなく、皮脂の取りすぎやお肌の乾燥が原因となります。

お肌が乾燥した状態ですと、肌細胞が生まれ変わる「ターンオーバー」が停滞するために、毛穴が詰まり、吹き出物となります。

十分な保湿を行うことで、自然に吹き出物が治ることもよくあることです。

また、生理前になると吹き出物ができる場合には、ホルモンバランスが乱れていることもあります。

生理前には黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が活発となり、吹き出物が出来やすくなります。

また、黄体ホルモンはストレスなどでも分泌量が増えるため、疲れていたりすると吹き出物ができやすくなるのです。

食生活の乱れや睡眠不足などもホルモンバランスが乱れて、吹き出物ができる原因となるため、脂っこいものや甘いもの、アルコールなどの摂り過ぎには注意しましょう。

 

 

 

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ