ニキビの芯(その5)

そろそろニキビの芯 についてまとめてみようと思っています。あまり上手くまとまりませんでしょうが。

無理に取ろうとするとニキビ跡が残ったり、色素沈着を起こします。取っていい場合だと取らない方がいい場合があります。これなら自分でも簡単に取れると感じた時は、専用のアイテムを使って取ってください。取った後は消毒して清潔な状態にしないと、ばい菌が入り、肌トラブルを起こします。しかし、手で押し出そうとすると皮膚を傷つけてしまうので、市販の専用の器具を使用してください。爪で取る人もいますが、皮膚を傷つけたり、ばい菌が入って悪化する可能性もあるので、専用のアイテムを使った方がいいです。

無理に取ろうとするとにきび菌が増えてしまったり、色素沈着を起こす可能性があります。ただし、医師によってはにきびの芯を取るのではなく、違う方法を勧める場合もあります。その時は医師の判断に従うようにしましょう。簡単に取れるにきびの芯の場合、取ることで治りが早くなり、赤にきびへの悪化も防ぐことができます。失敗するとリスクが大きいので、どうしてもニキビの芯が気になるなら、医療機関に行った方がいいです。自分でにきびの芯を取ると肌トラブルを起こしやすいので、できれば皮膚科に行ってください。

取った方がいい場合は簡単に取れる時です。また、ニキビ菌が増えて、他のところにもニキビができてしまう危険があります。逆に取るのが難しい場合は、取るのをやめてください。そして、取りづらいにきびの芯は無理に取らないでください。ニキビの芯は取っていいのでしょうか?結論からいうとケースバイケースです。

自分で行うよりも安全にニキビの芯を取ることができます。にきびの芯は取った方がいいともいわれていますし、取らない方がいいともいわれています。では、どちらが正解なのでしょうか?結論からいうと、取れるのであれば取った方がいいです。ただ、取り方を間違えてしまうと悪化したり、ニキビ跡になる可能性があるので、できれば自分で取らない方がいいです。皮膚科に行くと安全かつ綺麗ににきびの芯を取り除いてくれます。

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ