ニキビの種類は(その2)

ニキビの種類は のページにご訪問ありがとうございます。今日の天気は更新したくなるような天気です。明日は書けそうにないので今日、思い切って書こうと思います。

・白ニキビ・黒ニキビ・赤ニキビ・黄ニキビ・紫ニキビ白ニキビはニキビの出来始めです。ニキビを放置するとどんどん悪化するので、早めに対処しましょう。ニキビは以下の5つに分けることができます。赤く腫れ上がり、痛みや痒みを感じます。化膿にきびは赤にきびが悪化して、黄色い膿が溜まっている状態です。ここまでくると痛みを伴いますし、治すのが難しくなります。にきびと一言で言っても種類があります。ニキビ跡になりやすいので、潰さないでください。

・白にきび・黒にきび・赤にきび・化膿にきび白にきびとは皮脂が毛穴に詰まって、白い点が見える状態をいいます。まだ、治りやすい段階なので諦めずにきちんとケアをしましょう。紫ニキビは、ニキビの中に膿と血が混じった状態です。そして、にきびができる年代によっても、思春期にきびと大人にきびに分けることができます。黒にきびは皮脂が酸化して、シミのように黒っぽく見える状態のことです。白く小さな吹き出物があった場合、それが白ニキビです。白ニキビを放置すると黒ニキビになるので、できればなる前に対処してください。

黄色にきびとも呼ばれ、にきびの炎症が周りに広がる可能性があります。ニキビの中で最も深刻なのが紫ニキビです。また、悪化するとにきび跡になる場合もあるので、注意しないといけません。思春期にきびはその名の通り思春期の頃にできるにきびで、大人にきびは思春期が終わった後にできるにきびです。炎症はありませんが、アクネ菌が増殖しているので、注意するようにしてください。赤ニキビは炎症を起こして、赤く腫れている状態です。潰すとニキビ跡になる可能性があるので注意しましょう。

にきびの種類によって対処法が変わってきますから、まずはこの4つのにきびがどういったものなのか理解しておきましょう。黄ニキビは赤ニキビが悪化して、膿が溜まっている状態です。赤にきびは白にきびが悪化して、炎症を起こした状態です。にきびの種類は以下の通りです。黒ニキビは白ニキビが酸化したものです。にきびを放置すると黒にきびになる可能性があります。痛みはないですし、しっかりとケアをすれば、簡単に治すことができます。

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ