ニキビに効く食べ物(その1)

ようこそ。ニキビに効く食べ物 のページへ。新しい発見があるといいのですけれども。

ニキビと食べ物には深い関係があります。にきびができやすい体質とは、オイリー肌や乾燥肌です。便秘に悩まされている人にとっては一石二鳥の食べ物です。そのため、肉やお菓子の食べ過ぎにはくれぐれも注意しましょう。親がにきびができやすいと子供もできやすいといわれていますが、遺伝するのでしょうか?結論からいうと、にきびは遺伝しません。ニキビを予防・改善するのに食べた方がいいのが野菜や果物です。

もし、食事で野菜の栄養を摂れない場合は、青汁やサプリメントなどで補うようにしましょう。野菜や果物にはニキビに効果的なビタミン・ミネラルが豊富に含まれています。ただ、にきびができる原因は、主に生活習慣です。現代人は深刻な野菜不足だといわれているので、意識して食べるようにしてください。脂肪分や糖分の多い食べ物は皮脂の分泌を促す働きがあるので、毛穴が詰まりやすくなります。しかし、にきびができやすい体質は遺伝します。

野菜には食物繊維も含まれているので、便秘解消にも繋がります。そのため、両親がにきびに悩んでいるからといって、子供にも絶対ににきびができるという訳ではありません。にきびは生まれ持った病気ではなく、アクネ菌の繁殖による肌の炎症です。体質だから仕方がないと諦めるのではなく、生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか。では、どんな食べ物に気をつければいいのでしょうか?気をつけたいのは脂肪分や糖分の多い食べ物です。普段の食事内容によって、ニキビができやすいかどうかが決まるといってもいいでしょう。

生活習慣にさえ気をつければ、にきびができやすい体質でも予防することができますし、改善することもできます。皮脂の分泌量が多い親の子供は、同じように皮脂の量が多い傾向があります。食事内容が良ければニキビができませんし、悪ければ簡単にできてしまいます。このように、肌質は遺伝しやすいので、ニキビ肌の家系はニキビができやすいと考えた方がいいでしょう。同じように、乾燥肌の親の子供は、肌がカサカサしていることが多いです。

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ