オロナインでニキビが治らない(その2)

オロナインでニキビが治らない はますます興味深くなり、人々の関心を集めています。本当のところはどうなのでしょうか。

ストレスが溜まると自律神経やホルモンバランスを乱し、皮脂の過剰分泌を引き起こします。しかし、中には、オロナインを使用してにきびが治ったという人もいます。なぜなら、オロナインには、にきびに作用する成分が配合されていないからです。ストレスを発散するためにスポーツを始めてみるのもいいかもしれません。成長ホルモンの分泌が多く、肌のターンオーバーが活発に行われる時間は、夜10時~深夜2時の間です。特にオイリー肌の人が使用すると、皮脂の量を増やすことになりかねないため、にきびが悪化する可能性が高いです。

夜遅くまで起きていたり、睡眠時間が短いと肌のターンオーバーが乱れます。この時間を含んだ時間に睡眠をとることをおすすめします。さらに自律神経が乱れてしまい、ホルモンバランスにも影響を与え、皮脂の分泌が多くなります。ただし、使用することで症状が悪化することもあるので、注意しましょう。これは、どうしてなのでしょうか?この場合、オロナインに配合されている殺菌成分や保湿成分がたまたまにきびを改善したのだと思われます。

ニキビが治らない場合、生活習慣を見直してください。応急処置で使用するのはいいかもしれませんが、にきびを治すとなると難しいと思ってください。これではいくらニキビを治そうと頑張っても意味がありません。そもそもオロナインは、にきび治療のために作られた薬ではありません。まず、見直さないといけないのが睡眠です。

本当ににきびを治したいのであれば、オロナインではなく、きちんととした治療薬を使用した方がいいでしょう。オロナインがにきびに効くという噂がありますが、本当なのでしょうか?結論からいうと、単なる噂だといっていいでしょう。大なり小なり誰でもストレスを抱えて生きているのでゼロにすることは難しいですが、できる限り溜めこまないようにしてください。不規則な生活習慣をしているとニキビが治らないどころかさらに悪化させてしまいます。そして、ストレスを溜めないというのも大切なことです。

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ