イソジンでニキビ対策(その4)

イソジンでニキビ対策 のページにご訪問ありがとうございます。今日の天気は更新したくなるような天気です。明日は書けそうにないので今日、思い切って書こうと思います。

洗顔をする前にぬるま湯で顔を濡らしたり、蒸しタオルを使って毛穴を開きましょう。また、手には雑菌がたくさん付着しているので、必ず洗ってから洗顔をしてください。イソジンを使ってニキビを治す場合、皮膚に異常が見られたらすぐに使用をやめてください。3回も4回も洗ってしまうと肌が乾燥して、ますますにきびができやすい状態を作ってしまいます。特に乾燥肌、敏感肌の人が使うと刺激が強すぎて、肌トラブルを起こす可能性が高いです。洗顔料の泡立ちが足りないと毛穴の汚れを落とせないので、十分に泡立ててください。

イソジンにはポビドンヨードと呼ばれる殺菌成分が含まれています。場合によっては、肌トラブルを引き起こすこともあります。即効性があるので、軽いニキビなら1週間程度で治ります。・洗顔回数は1日2回を守る・手を洗う・毛穴を開かせる・洗顔料をよく泡立てる・ゴシゴシ強く洗わない・すすぎを念入りに行うまず、洗顔回数は1日2回までにしてください。洗顔方法が間違っているとにきびができやすくなりますし、正しい方法で洗うと効果的に予防・改善できます。この成分はニキビ菌の殺菌にも効果があるので、イソジンでニキビを治せるというわけです。

にきびを治すためには洗顔が重要です。そして、付ける場合は直接ではなく、コットンにつけてから、皮膚に軽く塗布してください。使い方によってはニキビを治せますが、誤った使い方をすると悪化させるので気をつけてください。にきびが治る洗顔法は以下の通りです。ニキビの治療薬ではないので、できればイソジンではなく、専用の薬を使って治してください。

力を入れて洗ってしまうとにきびを悪化させますから、優しく洗うようにしましょう。ただし、イソジンはあくまでもうがいのために使うものです。イソジンがニキビにいいといわれていますが、本当なのでしょうか?結論からいうと使い方次第です。そうすることで毛穴の奥の汚れまで落とすことができます。すすぎが不十分だと毛穴の詰まりを起こすので、念入りに行ってください。

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ