お菓子の食べ過ぎで吹き出物ができる?(その6)

お菓子の食べ過ぎで吹き出物ができる? についていろんな事を知ることができました。今日はそんな話におつきあいください。

お菓子はにきびに悪いといわれていますが、本当に関係あるのでしょうか?結論からいうと関係あります。すると毛穴が詰まって、ニキビができます。・睡眠不足・ストレス・食生活・スキンケア夜更かしをするとニキビができることが多いですよね?これは睡眠時間が足りなかったり、睡眠の質が悪くなると交感神経が優位になって、男性ホルモンの分泌が増えるからです。そのため、野菜を食べずに肉ばかりを食べている人や、お菓子をたくさん食べている人はニキビができやすいです。お菓子には糖分が多く含まれており、糖分を摂ると皮脂の分泌が活発になるため、毛穴の詰まりを引き起こします。

毛穴の詰まりをそのままにしておくと炎症を起こし、にきびになるので、お菓子は食べない方がいいといわれているのです。例えば、クッキーなら一日5枚までといったように自分なりに制限を設けることで、食べ過ぎを防ぐことができます。また、強いストレスもニキビができる原因です。せっかくのスキンケアもやり方を間違えてしまうと肌に大きなダメージを与えて、ニキビができやすい肌質を作ってしまいます。ただし、普段からお菓子を食べている人が急に止めてしまうとストレスが溜まり、さらににきびが悪化する可能性もあります。

ストレスでにきびが増えるようなら、無理に止める必要はありません。ストレスを受けると男性ホルモンの分泌が活発になり、皮脂の過剰分泌が起こります。ダイエットにもなるので、体型が気になる方は少し甘いものを控えてみてはいかがでしょうか。ニキビの主な原因は以下の通りです。もちろん、たくさん食べてしまうとそれだけニキビができやすくなるので、量をコントロールしてください。

スキンケアが原因でニキビができることもあります。たくさん食べなければそこまで影響はありませんから、考えながら食べるようにしましょう。食生活もニキビと深く関係しています。男性ホルモンが増えると皮脂の量が多くなるので、ニキビができやすくなります。栄養バランスが偏った食事は、皮脂の分泌を活発にさせます。

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ